「新卒はとりあえず3年」はがちで時代遅れだと思います。

新卒 3年目

どうも、しゅーへーです。

新卒で入ったらとりあえず3年勤めよう。

という言葉、よく聞きますよね。

ぼくは新卒で入社した当時は、盲目的にその言葉を信じていました。

とりあえず3年間がんばろう!

と。ただ、そのあとぼくは新卒で入社した会社を1年半で辞めその後はフリーランスとして2年間活動してきました。

そこで、強く感じるのは、

「新卒はとりあえず3年」はがちで時代遅れだと思います。

いま振り返ってみて「新卒で3年間勤める必要なんてない」と実体験の中で感じています。

 

当然、会社に勤めた1年半はものすごい財産になっています。会社には感謝の気持ちでいっぱいです。

だからこそ「とりあえず3年」という発想は良くないと思うんです。

20代の3年って超貴重だし、その後の人生を左右する時間だと思うんです。だからこそ「とりあえず3年」と盲目的に考えてしまうのはめちゃめちゃもったいないと思うんです。

その時に重要となるのは生きた情報です。

同期や先輩と会社にいる方々に相談できる人がいるという方は多いと思います。もちろんそのような方と相談し議論することはすごい大切です。

一方で、会社を辞めて生きている人から“実際会社辞めてどうなん?”という生きた情報も、会社を続ける/辞めるを決断をする上ではものすごい大切です。

ぼく自身悩んでいるときに運よくそのような方々と出会うことができ、心から納得のいく決断をすることが出来ました。

なので、会社を3年以内で辞めたぼくが実際に感じたことを皆さんにお伝えすることに価値があると思っています。

実際に辞めたこともないような人たちから言われる情報だけで判断して後悔してほしくない。

そんな想いでこの記事を書いています。お役に立てれば幸いです^ ^

新卒が3年以内に辞めようとすると言われるコト

ここではぼくの実体験も含めて、新卒が3年以内に辞めようとすると言われるコトを3つご紹介します。

石の上にも3年だぞ

上司てきなひと
おいおい、石の上にも3年だぞ。3年しないと何も身につかないぞ。

これは実際にぼくも何度か言われました。

ことわざパターンです。

これって本当にそうなんでしょうか?

まずもって成長のスピードは人それぞれです。1年で出来るようになる人もいれば、5年かかる人もいます。

それに、昔と今では成長できるスピードが格段に違います。情報へのリーチや仕事の生産性となにもかもこのことわざが出来た時代とは違います。

ぼく自身、「1社目から習得するべきスキルはすべて習得した」と思っています。

ぼくは戦略コンサルティングという業界にいました。1年半で辞めたわけですから、もしぼくが戦略コンサルティング業界のトップを目指そうと思っていたら身に着けるべきスキルはたくさんあって、到底1年半では足りていません。

ただ、僕が目指したいゴールに対して1社目から吸収できるスキルは吸収できたと思っています。

3年間やらないと身につかないぞ、というのアドバイスがあなた自身のゴールを理解している人なのか、そうでないのか?で大きく意味合いが変わってきます。

もし盲目的にとりあえず3年と言っている人なのであれば、そのアドバイスには気を付けましょう。

まだこの仕事の面白味がわからないぞ

上司てきなひと
おまえはまだ1年半しかやってない。あと1年半したら徐々に面白味が分かってくるよ。

これも良く言われがちですね。

確かに一理あります。なぜなら、裁量やできることが増えると仕事は面白くなりますから。

なので、重要なのは想像力を働かせることです。

例えば、あなたが3年間にわたって上司や先輩などのお仕事内容や仕事姿を見て、

あなた
あの仕事いまはまだやれないけど、できるようになったらきっと面白そう!

と想像できる仕事であれば、今の会社に残るべきだと思います。(当然、それまでにかかる時間についても検討する必要ありますが)

ただ、

あなた
あの仕事を自分がする。。うーん正直あんまりワクワクしないなぁ。正直つまらなそう。

と思うのであれば、真剣に環境を変えることを考えましょう。

確かに、何事もやってみないとそれが自分にとって面白いか、面白くないかはわかりません。

ただ、なんとなく面白そう、なんとなくつまんなそう、というのは想像力を発揮してみればわかります。

人は直観力が優れた生き物です。

なぜ直感のほうが上手くいくのか? – 「無意識の知性」が決めているという本にもありますが、直感は論理にも勝る強力な意思決定ツールなんです。

もし今のお仕事を続ける自分の姿を想像してワクワクしていなかったら、それが現実になる可能性が高いです。

面白いと感じることなんて人ぞれぞれなんです。それを他人に押し付けられるのはあまりにもったいないです!!あくまでも一意見として検討し、あとは自分の想像力と直観力を信じましょう。

キャリアが傷つくぞ

上司てきなひと
3年以内に会社辞めたら傷つくぞ!

これはぼくは実際に言っている人は見たことありませんが、噂として多くの人の頭にある言葉です。

ぼく自身、会社を辞める際には、転職エージェントとも何度かお話をさせてもらいましたが、3年以内で辞めるからといって、今後の就職に不利になるなんてことは聞いたことがありません。

こちらの記事新卒で入社したら3年は働け!なんて気にする必要ありませんには以下のように書いています。↓

たとえ新卒入社3年未満で1社目の会社を辞めていたとしても、今はそんなことを気にしない会社の方が多いです。

新卒採用でまとまった人数を採用することが難しくなっている昨今、第二新卒と呼ばれる社会人経験1〜3年の若手を採用したがっている会社は山ほどあるのです。

即戦力とまでは行かずとも、最低限のビジネスマナーが身についていて、ある程度仕事の進め方も理解している。さらには成長の余地がたくさん残っている。

採用担当からすると、喉から手が出るほど欲しい人材です。

3年以内に辞めていることがむしろプラスに働くケースもあるんです。

自分が逆の立場になって考えてみください。

もし入社3年目で辞めた若者がいたからといって、「あーこいつとは働きたくない」と思うでしょうか?

その事実だけでは思わないと思います。

むしろ、気にするのは「辞めた理由」ですよね。

ギャル男
いやー、ただただ仕事がだるかったんでやめちゃいましたYO

みたいなおちゃらけの理由だとさすがにまずいですが(笑)

きちんと理由がある人
将来XXになりたい。その為、△△のスキルを身につけたかったのにその場が与えられなかった。
きちんと理由がある人
元々〇〇するために入ったが、色々と経験するうちに目標が変わった。

などなど、きちんとした理由があれば、3年以内で辞めたからといってキャリアが傷つくことはありません。

むしろ、きちんと自分の将来を考えられている人なのではないかとぼくは個人的に思います。

年数はあくまでも実力をみる1つの指標でしかありません。(3年勤めているから、これくらいはできるはず)

3年いなかったら今後転職活動がしにくくなる、ということは気にしなくて大丈夫なんです。(ただ業界によって状況は変わるかと思います。業界に詳しい転職エージェントや採用担当者に確認してみましょう。)

入社1社目で自分のしたいことを出来てる人はホントにすごい

仕事をする理由は人それぞれです。理想とする仕事も人それぞれです。

僕は、毎日出社時間に縛られず、働く場所にも縛られず、好きな人たちとワクワクして、好きなことに時間を使っていたいです。遊ぶように仕事がしたいんです。

みなさんはどんな働き方が理想でしょうか?

その働き方をするためにいまの時間の使い方に納得していますでしょうか?

いまの会社にいることで、その夢に近づいていますでしょうか?

これらの問いに対して、「はい、夢に向かうために今の会社でがんばっているんです」と答えられる新卒の方は本当に幸せです。ただ現実的には一握りかなと思います。

なぜならば世の中には何千、何万と仕事がある。それに対して新卒はあまりにも情報と経験が足りていないからです。

ぼく自身、大学時代はしょうとひたすらに遊んでました(笑)だから社会にある仕事についての情報なんて、就職活動や本くらいでしかインプットしたことがありませんでした。

そんな大学生に心から楽しめる仕事なんてわかるはずがない(とぼくは思っています。)

現に、ぼくは就職活動で精一杯集めた情報で、1社を選びましたが、その仕事を人生を通してやっていこうとは思えませんでした。

ただ、これってある意味当たり前じゃないですか?

仕事をしたことがない、情報もない、そんな若者が自分のやりたい仕事に最初からありつけないのはある意味当然なんです。

自分がしたいことは“やってみて”見つけていくもの

このように1社目で自分がやりたい!と思える仕事にありつけなくても悲観することは全くないと思います。

エジソンの言葉を引用しますが、

私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、

うまく行かない方法を

見つけただけだ。

– トーマス・エジソン

1社目が仮に自分が望んでいた場所だとしても失敗ではないんです。

この1社目を経験したからこそ、自分がやりたくないことがわかって、自分のやりたいことに近づけたのではないでしょうか?

僕もそうでした。

ぼくは

あー自分はチームで働くことが好きなんだな。

とか

あースーツ着るのやっぱ嫌いだわ(笑)

とか

睡眠時間は7時間ほしいわ。

とか。

新卒の会社を通じて「やりたいこと」そして「やりたくないこと」が明確になっていきました。

その結果、自分がやりたことに向けて毎日着々と向かうことが出来ています。

こちらの記事自由に生きるには会社を辞めればいい?自由を夢見る自由人達に脱サラボーイが伝えたいコトでも紹介しましたが、ぼくが会社を辞めるか悩んでいた時に“やりたいことがわからない!”とある大先輩に悩みを相談したことがあります。その時に言われたのが↓

大先輩
やりたい事なんて20代で見つかってるやつのほうが少ないんだよ。
だからこそ、少しでもやってみたい!面白そう!とおもったらとにかくチャレンジしてみるんだ。
そうすればいつかやりたい事が見つかるから。

やりたいことがわからないという人ほど、とにかく面白そうと思う環境に身を置くべきだとぼくは思います。

新卒3年以内の迷ってる人へ伝えたい事

不利になることなんて絶対にない

上でも話していますが、3年以内に会社を辞めたからといって転職に不利になることはありません。

いまの時代は、会社に勤めあげるよりも転職が当たり前の時代です

あなたがなぜ辞めたくて、そしてなぜ新しい会社に入りたいのか?その理由が大切です。

その理由を理解してくれる会社は必ずあるはずです。

環境を変えることは悪いことではない

「石の上にも3年」ということわざがあるくらい、日本人は環境を変えることにネガティブなイメージを抱く人が多いように感じます。

人によってはあたなの決断を「逃げ」とか「実力不足」とか卑下する人もいるかと思いますが、

人には得手不得手、自分が輝けるポジション、輝けないポジションがあるんです。

そして転職は自分が最適なポジションを見つける“ポジショニング戦略”なんです。

わざわざ自分が苦手なポジションにしがみつく必要はないんです。

ストレスを抱えたまま努力して報われないよりも、ポジションを変えて活躍できるほうがよっぽどいいじゃないですか。

マーケティングの根底ともいわれているポジショニング戦略を理解していない人のやっかみを気にするのはやめましょう。

自分はどうなりたいの?その為にいまの環境は利用できないか?

あーいまの会社嫌だなーと思っている方は、ぜひ一度引いた目線で、

自分は1年後、3年後、5年後、10年度、どうなっていたいのか?

考えてみることをお勧めしたいです。

その姿は仮説でいいです。仮説でもいいから自分がなりたい姿が見えてくると、

今の自分がなにをすべきか?見えてくるんです。

例えば、お金持ちになる為の方法が書かれた世界的ベストセラー金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 の中で著者ロバートさんは幼少期から金持ち父さんにお金持ちになるには以下のような能力が必要だといわれ、

  • 売る能力(セールス、マーケティング、コピーライティング)
  • コミュニケーション能力
  • リーダーシップ

ロバートさんはそれを見据え、リーダーシップを学ぶために海兵隊に入隊し、セールスを学ぶためにアメリカ1のセールスプログラムのあった会社に就職をされました。

※詳しくはこちらの記事で説明しています。⇒「金持ち父さん貧乏父さん」の内容を要約したった。【脱サラのきっかけ本】

このように将来の姿から逆算して仕事を選ぶことはものすごく大切です。

一度、いまの仕事は「何を学べるか?」という目線で会社について考えてみてはいかがでしょうか?

3年で辞めてもなんとかなる

ぼく自身、1年半で会社を辞めています。周りにも3年以内で辞めた人は多くいます。

精神論のように感じてしまうかもしれませんが、新卒3年目で辞めるからと言って人生が終わるわけではありません。

社会人生活の最初の3年なんてまだスタートをきったばかりなんです。

重く考えすぎず、気楽に「会社を辞めるか?続けるか?」考えてみてください。

ここで悩むことがきっとあなたの人生をより豊かにすることになると思います。

(あとがき)点と点はつながる。

スティーブ・ジョブスの有名なスピーチで、以下のような文があります↓

将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかない。

そして同じスピーチの中には以下のような文もあります↓

もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」と毎日自分に聞いて、「違う」という答えが何日も続くようなら、ちょっと生き方を見直せということです。

もし会社にいるべきか、辞めるべきか、悩んでいる方がいましたら、ぜひとも「いま自分がやりたいと思うことができているのか?」「会社にいたらできるのか?」ということを自分に聞いてみてください。

そしてその結果として出る答えが、必ず後からつながることを信じてみてください。

以上で記事となります。

本記事がみなさんのタメになっていたら幸いです^ ^

しゅーへー

関連記事

新しい生き方のヒントに!新しい生き方を歩む人達15選【2017年】

政府の副業容認は警報!副業容認から読み取る副業についてガチで考えないといけない訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です